青森県・青森市のエアコン取り外し・取り付け・移設工事の費用相場と処分方法

Pocket

青森県青森市青森県観光物産館アスパムの写真

エアコンの工事料金は地域や依頼する工事業者により異なるため、青森県のエアコン取り付け・取り外し工事の費用相場とクーラーの処分方法を紹介します。

また、これから青森県への引越しを検討されている方に向けて青森県の気候や地域情報を紹介いたします。

青森県のエアコン取り付け工事の費用相場

青森県のエアコン取り付け工事の費用相場を紹介します。
取り付け工事についてはエアコン取り付け工事の費用相場と施工内容にてご確認ください。

エアコン取り付け工事の費用相場14,000円~18,000円

青森県のエアコン取り外し工事の費用相場

青森県のエアコン取り外し工事の費用相場を紹介します。
取り外し工事についてはエアコン取り外し工事の料金相場と処分にかかる目安費用にてご確認ください。

エアコン取り外し工事の費用相場9,720円~12,000円

青森県のエアコン移設工事の費用相場

青森県のエアコン移設工事の費用相場を紹介します。 エアコンの取り外しから取り付けまでをセットにしたエアコン移設の費用相場にてご確認ください。

エアコン移設工事の費用相場15,000円~22,000円

青森市のエアコン処分場所と廃棄方法

エアコンは家電リサイクル法によりリサイクルが義務付けられています。
そのため、青森市では粗大ごみや燃えないごみとして収集はせず、最終処分場でも受け入れていません。
次のいずれかの方法により処分してください。

エアコンを購入する店舗に依頼して廃棄

処分するエアコンを購入した販売店、または新しくエアコンを買い換える販売店にリサイクル料金と収集運搬料金を支払い引き取ってもらってください。
リサイクル料金はメーカーごとに決められていますが、収集運搬料金については各販売店に問い合わせてください。

収集運搬許可業者に依頼して処分

販売店が廃業していたり、引越し等で遠方になった場合には収集運搬許可業者に収集を依頼することもできます。
リサイクル料金と収集運搬料金とが必要となりますが、収集運搬料金については各収集運搬許可業者へ問い合わせてください。
なお、収集運搬許可業者に関して質問がある場合は、旧青森市の区域に居住している方は清掃管理課(電話:017-761-4424)へ、旧浪岡町の区域に居住している方は黒石地区清掃施設組合(電話:0172-53-1222)に問い合わせてください。

エアコンの持ちこみ処分ができる指定引取所

青森市では、ご自身で直接エアコンをリサイクル場所に持ち込む方法が2つ用意されています。
1つは指定引取り場所に持ち込む方法で、事前に郵便局でリサイクル料金を振り込んで家電リサイクル券と払込証明書を受け取り、それを持ってエアコンとともに指定引取場所に持ち込んでください。
2つめは中間処理施設へ持ち込む方法で、(株)青南商事が受け入れ場所となります。
ただし、中間処理施設へ持ち込めるのは旧青森市の区域の方のみとなりますので注意してください。
持ち込む際は中間処理業者が定めた処理料金が必要で、家電リサイクル券は使用できませんので直接現金で払う必要があります。
受入れ日や時間・料金などについては(株)青南商事へ問い合わせましょう。

指摘引取所電話番号住所
(株)ヤマシタメタル017-763-1133青森市新城字平岡160-101
日本通運(株)青森支店東青森営業課017-742-7236青森市南佃1丁目4-37

青森市でエアコンが購入できる家電量販店

青森市にはヤマダ電機3店舗とケーズデンキが2店舗、コジマの単独ブランド店が1店舗あります。
ヤマダ電機のテックランド青森本店は青森駅より車で20分、青森道の青森中央インターチェンジより10分と市街地からマイカーでのアクセスがいい立地で21時まで営業しています。
テックランド青森三好店は東北新幹線のJR新青森駅より車で4分という好立地で、出張客や単身赴任者などの利用も多い店舗であり、こちらも21時まで営業しています。
テックランド浪岡店はJR浪岡駅より車で10分、住宅街に近い立地であり20時までの営業となっています。
ヤマダ電機は品ぞろえの豊富さと商品説明力や提案力に定評があるので、たとえば、省エネエアコンを複数メーカーや機種を比較しながら検討したいといった時に心強いサポートが得られるでしょう。
ケーズデンキは青森本店と青森西店があり、いずれも21時までの営業です。
ケーズデンキは他の家電量販店とは異なり、ポイント還元制度は導入しておらず、その分、最初から安い価格で販売するというスタンスをとっています。
そのため、最新の省エネ機能が付いた新モデルのエアコンでも安く買える可能性があります。
最新モデルの場合、どうしても値段が高くなりがちで、他店ではその分、ポイント還元率をアップさせるなどして、後日の割引特典を付ける傾向があります。
ですが、他に特に買いたいものがなく、今その場で安いものを買いたいという場合には、現金値引き主義のケーズデンキは便利です。
コジマはビックカメラとの提携を果たしましたが、コジマNEW青森店は単独ブランドを掲げるお店です。
もっとも、提携後に体制をリニューアルしており、大手ビックカメラの力を得て品ぞろえや価格面で従来店舗よりいっそう期待が持てます。

小売店・量販店名住所
テックランド青森本店青森市第二問屋町2-5-18
ケーズデンキ青森本店青森市東大野2-10-1
コジマNEW青森青森市東大野 2-1-18

青森県へ引越しする方に向けた生活情報

弘前市は城下町として栄え、現在でも弘前城とその桜の美しさに多くの観光客が訪れます。
リンゴの生産量が全国の2割をしめており、弘前ねぶたなども有名で約18万人が暮らしています。
八戸市は約23万2千人、太平洋に面した漁業の盛んな街であるとともに、臨海地区を中心に重化学工業地帯が広がっています。
五所川原市は約5万3千人、五所川原ねぶたで有名なほか、中まで赤く珍しい五所川原リンゴ栽培や十三湖のヤマトシジミ漁など農林漁業も盛んな街です。

青森県の年間の温度・気候について

青森市の気候は、本州の最北エリアの県庁所在地として冬の積雪が多く寒さが厳しく、夏は比較的涼しい気候条件となっています。
雪は早い時では10月から散らつくこともあり、11月の中旬も過ぎる頃には雪が降る日が多くなります。
12月に入ると氷点下の寒さとなり積雪量も増えます。
3月まで氷点下の日が続き、4月になりようやく春らしさを感じられるようにはなるものの、春先も冷え込みが厳しく、桜が咲きようやく春らしい暖かさがやってくるのは5月に入ってからです。
梅雨時期はあまり降水量は多くなく、比較的快適に過ごせますが、一方で8月から10月にかけての秋の長雨シーズンは梅雨時期より降水量が多くなります。
年間を通じて湿度は高く70%~80%近い湿度があります。
青森市の冬は寒さが厳しいため、暖房はエアコンに加えて石油ストーブなども併用されていますが、近年はエアコンの利用率が高まっています。
節電対策としては室温20度を目安にし、サーキュレーターを回して室内の空気循環を高めたり、厚手のカーペットやカーテンを用い、重ね着や靴下の重ね履きなどウォームビズで体感温度を上げるのが賢明です。
一方、夏場はエアコンなしでも過ごしやすい日が多く、利用するときでも28度を目安にしておけばいいでしょう。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温1.6℃2.3℃6.3℃13.5℃18.4℃21.7℃25.4℃27.7℃24℃18℃10.9℃4.6℃
最低気温−3.9℃−3.7℃−1.3℃3.7℃8.9℃13.5℃18℃19.8℃15.1℃8.6℃3℃−1.4℃
平均気温−1.2℃−0.7℃2.4℃8.3℃13.3℃17.2℃21.1℃23.3℃19.3℃13.1℃6.8℃1.5℃
降水量(mm)144.911169.963.480.675.6117122.7122.7103.9137.7150.8
降雪量(cm)22517676600000032153
平均降水日数22.3日18.8日13.9日9.4日9.7日8.2日9日9.7日10.3日12.6日16.9日20.7日
平均降雪日数28.5日24.2日19.5日3.3日0.1日0日0日0日0日0.4日9.4日23.1日
湿度787669667078807976737277
平均日照時間51.3時間69.8時間130.5時間182.3時間201時間179.6時間159.5時間180.3時間158.4時間149.7時間87.6時間52.8時間

月別エアコン電気料金の推移

青森市の月別電気料金を見ると、1月と8月が全国平均とほぼ同等で、9月が1,000円程度下回るほかは全般的に全国平均を上回る月別電気料金となっています。
寒さの厳しい青森では10月頃から冷え込みが厳しくなり、早くも10月にはエアコンの利用率が高まっていきます。
本州の関東地方以西などではまだエアコンが不要な時期でも冷えるため、10月の月別電気料金は全国平均を700円程上回ります。
11月以降も上回る傾向が見られ、12月には約1,000円アップします。
全国的に寒さが厳しい1月こそ同レベルの月別電気料金となりますが、日本の南西部では早くも春の兆しが見え始める2月は、青森市では厳寒の時期にあたるため2,000円程度上回ります。
青森市では春が来るのも遅いので、他の地域でエアコンが不要になってもまだまだ暖房が欠かせず、4月から6月にかけても全国平均を上回っています。
この点、7月も1,000円程度上回りますが、梅雨寒の日がある一方、急に温度が上昇すると暑さになれていないため冷房をかける割合が高まるためです。
また6月から7月にかけては最も湿度が高くなり、エアコンのドライ運転により消費電力が増加することも影響しています。

激安のエアコン移設工事業者を探す方法

エアコン移設工事の料金は施工業者により異なります。
激安料金でエアコンの移設工事を行いたい場合には、複数の工事業者の見積もりを集めて料金を比較することで最安値の業者を見つけることができます。

<最安値のエアコン移設業者を探す方法>

最安値のエアコン移設業者を探す方法

この見積もり方法を行うには、工事を希望している地域に対応した施工業者を探した後に1社ずつ電話で見積もりの依頼をする必要があります。
1社の見積もりに15分以上かかるとしたら4社から見積もりを取るには少なくとも1時間必要となります。

当サイトはエアコンの移設工事にかかる費用を複数の施工業者に対して一度に見積もりを依頼する事ができます。
依頼した工事の見積もりの料金は当サイトに集められ最安値の施工業者をお客様にご案内いたします。
一括見積もりは24時間【無料】でご利用いただけます。安くエアコン移設工事をしたい方は是非ご利用下さい。

お電話でのお問い合わせ・ご注文も承っております

お見積り・工事を
お急ぎの方専用
ダイヤル

0120-929-381

受付時間 9:00~20:00 土日も休まず営業中!

Pocket