北海道・札幌市のエアコン取り外し・取り付け・移設工事の費用相場と処分方法

Pocket

北海道函館市の夜景

エアコンの工事料金は地域や依頼する工事業者により異なるため、北海道のエアコン取り付け・取り外し工事の費用相場とクーラーの処分方法を紹介します。

また、これから北海道への引越しを検討されている方に向けて北海道の気候や地域情報を紹介いたします。

北海道のエアコン取り付け工事の費用相場

北海道のエアコン取り付け工事の費用相場を紹介します。
取り付け工事についてはエアコン取り付け工事の費用相場と施工内容にてご確認ください。

エアコン取り付け工事の費用相場14,000円~18,000円

北海道のエアコン取り外し工事の費用相場

北海道のエアコン取り外し工事の費用相場を紹介します。
取り外し工事についてはエアコン取り外し工事の料金相場と処分にかかる目安費用にてご確認ください。

エアコン取り外し工事の費用相場9,720円~12,000円

北海道のエアコン移設工事の費用相場

北海道のエアコン移設工事の費用相場を紹介します。 エアコンの取り外しから取り付けまでをセットにしたエアコン移設の費用相場にてご確認ください。

エアコン移設工事の費用相場15,000円~22,000円

札幌市のエアコン処分場所と廃棄方法

札幌市では収集を行っていない為、下記の家電リサイクル法に基づき取り決めが行われています。

エアコンを購入する店舗に依頼して廃棄

買換えの際は、新しいエアコンを購入する販売店に収集を依頼します。
買換えではない場合は、処分するエアコンを過去に購入した販売店に収集を依頼してください。
リサイクル料金と収集運搬料金は原則として、捨てる方が負担する必要があります。
リサイクル料金はメーカーが決定しているため、お使いのエアコンのメーカーもしくは一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページで確認をしましょう。
収集運搬料金は販売店が個別に決めていますので、回収を依頼する店に直接確認してください。

収集運搬許可業者に依頼して処分

購入した店がわからない、遠方にあるなどの際は、家電回収協力店に収集を依頼します。
この場合も収集運搬料金は家電回収協力店ごとに異なりますので、直接確認してください。
なお、リサイクルの対象は家庭用のエアコンは電圧に関係なく対象ですが、業務用として製造・販売されたものは家庭用として使われていても対象外となります。
ごみ等の異物を取り除いた上でリサイクルに出しましょう。

エアコンの持ちこみ処分ができる指定引取所

メーカーが指定する指定引取場所に直接持ち込むことで、収集運搬料金の負担を抑えられます。
まずは、指定引取場所に料金と受付時間を確認しなければなりません。
札幌市内の指定場所の通常営業日は月曜日~土曜日で、受付時間は9時~12時および昼休憩を挟んで13時~17時となっています。
持ち込む前に、リサイクル料金をあらかじめ郵便局で振り込む必要があります。
振込手数料は自己負担です。
振込が完了したら家電リサイクル券と処分するエアコンを指定引取場所に持ち込みます。

指摘引取所電話番号住所
(株)鈴木商会札幌北事業所011-790-1281札幌市東区北丘珠5条4丁目4-60
(株)鈴木商会札幌西事業所011-662-2211札幌市西区発寒15条13丁目1-35
日立物流ダイレックス(株)発寒物流センター011-666-9907札幌市西区発寒10条12丁目2-20
日立物流ダイレックス(株)清田物流センター011-884-1921札幌市清田区清田2条3丁目3-20

札幌市でエアコンが購入できる家電量販店

本州に負けない家電量販店のラインナップ
北の大地、札幌市にも複数の家電量販店が揃っています。
札幌駅前を中心とした1店舗に限らず、車の交通の便がいい幹線道路沿いや住宅街に近い主要道路などにも店舗を構えており、ヤマダ電機は3店舗、ケーズデンキは5店舗を展開するなど出店にも勢いがあります。
ヨドバシカメラやビックカメラは、本州においても主要ターミナル駅の直ぐ近くに出店するのが基本ですが、札幌市でもやはり一番のターミナル駅であるJR札幌駅から直ぐ近くの大型複合ビル内に入っています。
ビックカメラは21時閉店ですが、ヨドバシカメラは22時まで営業しており、ビックカメラ閉店後の客の流れも掴んでいます。
ターミナル駅に店舗を構える場合、平日は会社帰りのビジネスマンやOL、買い物途中の主婦や学生などが中心で、中には出張客や観光客の姿も見られます。
休日には家族連れやカップルが、少し遠方から買い物にやってくることもあり、エアコンをはじめ白物家電の売れ行きもボーナスシーズンなどを中心にアップします。
その他の家電量販店はマイカーでスムーズに行ける場所にあり、営業時間はやはり21時までやっていますので、家族での外食の帰りなどにも立ち寄れます。
マツヤデンキは大阪に本社を置く家電量販店で、全国に約126店舗ありますが、まだ出店していない県も多い中、札幌市で2店舗を展開しています。
ケーズデンキはテレビCMなどでもお馴染ですが、茨城県水戸市に本社がある北関東出身の珍しい家電量販店です。
全国的に勢いを伸ばしており、札幌市内には厚別店や月寒店など市内の店舗網を巡らせていて、なんと5店舗を有しています。
ヨドバシカメラやビックカメラがポイント還元による割引で顧客の人気を得ているのに対し、ケーズデンキはその場で現金値引きが鉄則です。
もっとも、あんしんパスポートというカードが発行され、そこに購入した製品の履歴が全て記録され、スムーズにアフターサービスを受けられる体制が整っています。

小売店・量販店名住所
ヤマダ電機・テックランド清田店札幌市西区発寒十一条14丁目1069-21
ビックカメラ 札幌店北海道札幌市中央区北五条西2-1
ヨドバシカメラ マルチメディア札幌北海道札幌市北区北6条西5-1-22
マツヤデンキ CaDen元町店札幌市東区北23条東21丁目1-8
コジマ×ビックカメライオン西岡店札幌市豊平区西岡3条3-4-1
ケーズデンキ 札幌麻生店札幌市北区北36条西10-1-5

北海道へ引越しする方に向けた生活情報

旭川市は人口が約34万人を超え、北海道では札幌市に次ぐ第2の都市です。
JR4線の始終点で旭川空港や4本の主要国道と道央自動車道が通り、北海道のほぼ中央に位置する交通の要衝として機能し、商業流通の拠点として発展してきました。
農業をはじめとする仕事のあっせんと本州からの移住促進も積極的に行われています。
苫小牧市は約17万人、国際拠点港湾の苫小牧港と北海道の空の玄関口新千歳空港がある国内外に開かれた都市です。
紙・パルプ、自動車部品製造、石油産業などの産業が盛んで、ホッキ貝の水揚げ日本一の工業と港湾の街です。
函館は約27万人、函館山の世界有数の美しい夜景や新鮮な魚介類が豊富に獲れ、観光都市として人気です。

北海道の年間の温度・気候について

札幌市は日本海型気候で、冬は雪が降り積もり厳しい寒さを迎え、夏は爽やかで涼しくジメジメした梅雨もないのが特徴です。
年間の平均気温はおよそ8.9で、年間の総降水量はおよそ1,100mmとなっています。
7月、8月は平均気温が20度を超える日も多いですが、本州の夏に比べれば過ごしやすいです。
そのため、夏場はほとんどエアコンなしで過ごせますが、気密性が高いオフィスビルやホテル、マンションなどではやはり必須アイテムです。
とはいえ、設定温度は28度から29度でも十分過ごせます。
9月に入ると雨が降るたび気温が低下していき、10月には早くも紅葉が始まり最低気温が0度近くになる日もあります。
10月下旬には初雪も観測され、12月上旬には既に根雪となっています。
12月から2月の最深積雪は約1メートル、近年は異常気象の影響もあり、降雪量が5mを超える日や猛吹雪で外に出られない日も発生するようになりました。
寒い時期はエアコンがフル稼働かと思いきや、本州ほどではありません。
もちろん、オフィスビルやマンションなどではエアコンの稼働率が高いですが、戸建てなどは火力の強いストーブやガスファンヒーターなどを併用して温めています。
3月の春分の頃を迎えてようやく平均気温が0度を超え、4月上旬には根雪が消えていきます。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温-0.6℃0.1℃4℃11.5℃17.3℃21.5℃24.9℃26.4℃22.4℃16.2℃8.5℃2.1℃
最低気温-7℃-6.6℃-2.9℃3.2℃8.3℃12.9℃17.3℃19.1℃14.2℃7.5℃1.3℃-4.1℃
平均気温-3.6℃-3.1℃0.6℃7.1℃12.4℃16.7℃20.5℃22.3℃18.1℃11.8℃4.9℃-0.9℃
降水量(mm)113.69477.856.853.146.881123.8135.2108.7104.1111.7
降雪量(cm)173147981100000232132
平均降水日数21.8日19日18.5日11.7日10.2日8.3日9.7日9.5日11.1日13.9日17.5日19.2日
平均降雪日数28.8日25.4日23.5日6.4日0.1日0日0日0日0日1.2日13.9日26.5日
湿度706966626672767571676769
平均日照時間92.5時間104時間146.6時間176.5時間198.4時間187.8時間164.9時間171時間160.5時間152.3時間100時間85.9時間

月別エアコン電気料金の推移

札幌市の月別電気料金は夏場の8月、9月は全国平均に比べて1,000円程度抑えられます。
これは多くの方が予想が付くように、夏場が涼しく猛暑日がほとんど観測されないためといえるでしょう。
しかし、7月は全国平均よりわずかながら高く、春先から初夏にかけては大きく上回る状態が続きます。
3月頃から全国平均を上回り始め、4月・5月・6月の3ヶ月間は1,000円から4,000円近く上昇します。
まず、3月から5月が全国平均より高いのはまだ寒い気候が続くからです。
3月まで雪が残り、ようやく4月に雪が解け、4月、5月の気温は東京や大阪などと比べれば5度から8度も低い状態にあります。
まだまだエアコンの暖房が恋しい季節であり、電気料金は低くなりません。
6月については逆に冷房をかけて電気料金が上がっていることが予想されます。
なぜなら北海道には梅雨がありません。
梅雨寒といった状況が起きないため、暑さが早く訪れます。
平均気温としては本州より低いですが、寒さに慣れている分、暑さに敏感で思わず冷房を使ってしまうのです。
一方、多くの方が予想されるであろう12月から2月の一番寒さが厳しい時期の電気料金は全国平均を下回っています。
これは厳寒の札幌市ではエアコンよりも、石油ストーブなど火力の強い暖房器具が主力となるからです。

激安のエアコン移設工事業者を探す方法

エアコン移設工事の料金は施工業者により異なります。
激安料金でエアコンの移設工事を行いたい場合には、複数の工事業者の見積もりを集めて料金を比較することで最安値の業者を見つけることができます。

<最安値のエアコン移設業者を探す方法>

最安値のエアコン移設業者を探す方法

この見積もり方法を行うには、工事を希望している地域に対応した施工業者を探した後に1社ずつ電話で見積もりの依頼をする必要があります。
1社の見積もりに15分以上かかるとしたら4社から見積もりを取るには少なくとも1時間必要となります。

当サイトはエアコンの移設工事にかかる費用を複数の施工業者に対して一度に見積もりを依頼する事ができます。
依頼した工事の見積もりの料金は当サイトに集められ最安値の施工業者をお客様にご案内いたします。
一括見積もりは24時間【無料】でご利用いただけます。安くエアコン移設工事をしたい方は是非ご利用下さい。

Pocket