京都府・京都市のエアコン取り外し・取り付け・移設工事の費用相場と処分方法

Pocket

京都府京都市にある金閣寺の写真

エアコンの工事料金は地域や依頼する工事業者により異なるため、京都府のエアコン取り付け・取り外し工事の費用相場とクーラーの処分方法を紹介します。

また、これから京都府への引越しを検討されている方に向けて京都府の気候や地域情報を紹介いたします。

京都府のエアコン取り付け工事の費用相場

京都府のエアコン取り付け工事の費用相場を紹介します。
取り付け工事についてはエアコン取り付け工事の費用相場と施工内容にてご確認ください。

エアコン取り付け工事の費用相場 8,000円~12,000円

京都府のエアコン取り外し工事の費用相場

京都府のエアコン取り外し工事の費用相場を紹介します。
取り外し工事についてはエアコン取り外し工事の料金相場と処分にかかる目安費用にてご確認ください。

エアコン取り外し工事の費用相場 6,000円~8,000円

京都府のエアコン移設工事の費用相場

京都府のエアコン移設工事の費用相場を紹介します。 エアコンの取り外しから取り付けまでをセットにしたエアコン移設の費用相場にてご確認ください。

エアコン移設工事の費用相場 8,500円~10,000円

京都市のエアコン処分場所と廃棄方法

京都市ではエアコンは原則として市で収集ができないため、以下に記載した指定取引場所を参考にしてください。

エアコンを購入する店舗に依頼して廃棄

エアコンを買い換えする場合は、買い換える販売店に引取りを申し込んでください。
エアコンを使わなくなり単に処分したい場合は、以前そのエアコンを購入した販売店に引取りを申し込んでください。
販売店にはエアコンをリサイクルするために引取る義務があり、拒むことはできませんので遠慮なく申し出ましょう。
ただし、リサイクル料金と収集運搬料金は原則として処分する利用者が負担しなければなりません。
買い替えの場合などは、家電量販店などで収集運搬料金などを無料サービスしてくれる場合もあります。

収集運搬許可業者に依頼して処分

販売店が分からない場合や遠方から京都市内に引越して来た場合、販売店が閉店している場合などは、京都府電機商業組合に最寄りの家電回収協力店を問い合わせたうえ、その家電回収協力店に収集を申し込んでください。
リサイクル料金と収集運搬料金は依頼する家電回収協力店で確認してください。
お近くの回収協力店についての問い合わせは平日9時から17時まで、京都府電機商業組合075-41-0668で受け付けています。
なお、家電リサイクル法の内容や制度自体について分からないことがある場合は、経済産業省の資源エネルギー環境部環境・リサイクル課06-6966-6018まで問い合わせてください。

エアコンの持ちこみ処分ができる指定引取所

ご自身で直接指定引取場所に持ち込む場合は、収集運搬料金はかかりません。
指定取引場所に日時や持ち込み方法などを確認のうえ、事前に郵便局でリサイクル券を購入して支払いを済ませてから持ち込みをしてください。

指摘引取所 電話番号 住所
嶋崎運送(株) 075-604-6055 京都市伏見区横大路六反畑57-4
日本通運(株) 京都支店洛南物流センター 075-681-9571 京都市南区上鳥羽城ヶ前町57-63
美山運輸(株) 075-693-7757 京都市南区吉祥院石原堂ノ後町43

京都市でエアコンが購入できる家電量販店

新店舗も地元量販店も頑張る京都は競争が熱い
京都市というと観光地のイメージや、寺社や仏閣等の文化遺産が多く、舞妓さんやはんなりした京都弁の印象から、どこか艶やかで落ち着きのある歴史と文化の街と思われがちです。
そのため、多くの家電量販店が勢ぞろいして熾烈な競争を繰り広げているとはイメージできないかもしれません。
京都市の主要ターミナルであり、京都の玄関口でもある新幹線発着駅の京都駅前には、全国的にも大手の2大家電量販店であるビッグカメラとヨドバシカメラがあります。

一方で、住宅街の地元民を商業圏とするマイカーでのアクセスがいい郊外型店舗としては、ヤマダ電機が3店舗、ジョーシンデンキは5店舗、エデイオンは8店舗、さらにエディオンと業務提携をしている地元のタニヤマムセンの店舗も5店舗展開されています。
タニヤマムセンは明治41年創業、100年以上の歴史がある電気店で地元の信頼も厚く、個人企業から大型量販店展開までこぎつけ、現在ではエデイオンとともに太陽光発電工事なども含め、あらゆる家電商品の販売や電機関連のサービスを行っています。

エディオンは大阪に本社を置く中堅の家電量販店であり、関西地区には強みがあります。
エディオンでは安心保証カードという制度があり、10万円以上のエアコンを購入した場合、メーカー保証1年だけでなく、独自の10年保証を受けることができます。

京都の人は昔から、地元を愛し大事にする文化が根強くあります。
観光名所も多く、他府県から訪れる人を受け入れてきた町ではありますが、老舗料亭などは一見さんお断りなどの文化も残っています。
そのため地元のお店をとても大切にしており、地元密着店舗は古くからの住民にも愛されています。
とはいえ、駅周辺の開発などに伴い大手の家電量販店が出てくるなど、観光客やビジネス出張客、進学や転勤でやってきた新しい住民が利用できる店舗も増え、古いものを大事にし、新しいものを取り入れるといった先進性が伺えます。

小売店・量販店名 住所
ビックカメラ JR京都駅店 京都市下京区東塩小路町927
ヨドバシカメラ マルチメディア京都 京都市下京区京都駅前 京都タワー横
ヤマダ電機 テックランド京都吉祥院店 京都市南区吉祥院大河原町27
ケーズデンキ 京都伏見店 京都市伏見区中島樋之上町41
コジマ×ビックカメラ高野店 京都市左京区高野東開町15
ジョーシン 九条烏丸店 京都市南区東九条南烏丸町31
エディオン宝ヶ池店 京都市左京区岩倉中大鷺町3
エディオン・ミドリタニヤマ新大宮店 京都市北区紫竹西高縄町89

京都府へ引越しする方に向けた生活情報

宇治市は世界文化遺産の宇治上神社や平等院などの史跡に恵まれた観光地の1つであり、人口は約19万人と京都市に次ぐ京都の第二都市です。

福知山市は平成18年に1市3町がが合併しており、現在の人口は約8万人です。明治末期には大阪と京都を結ぶ鉄道が開通して商都として発展し、現在も産業の街として知られています。

舞鶴市は若狭湾国定公園のほぼ中央に位置し、約8万5千人を抱える日本海側屈指の港湾都市として機能しています。

京都府の年間の温度・気候について

京都市の気候は独特の盆地気候に左右されており、夏は暑く、冬は寒いという気温差の激しい気候が特徴です。
春や秋は過ごしやすいですが、梅雨時期は一気に降る太平洋側の梅雨とは異なり、降ったり止んだりの分かりにくいジメジメとした天候が続きます。
そして、梅雨が明ける7月中旬くらいからは、驚くほどの蒸し暑さが始まります。
この時期はエアコンが必須でうっかり我慢すると、熱中症や脱水症状にもなりかねません。
節電のため冷房は28度を基本にしても、扇風機やサーキュレーターを回して冷房効率を高めるのがおすすめです。
また、冷房は稼働するタイミングが一番電力を消費するため、付けたり消したりするよりは、1日中、やや抑えた温度で付けておくほうが電力消費が抑えられます。

逆に冬は寒さが厳しく、底冷えのする寒い日が続き、山間部や京都の奥座敷を中心に雪が降り積もることもあります。
観光スポットでもある金閣寺の雪景色も1つの名所となっているほどです。
比叡山からの比叡おろしの冷たい風も吹きすさむので暖房は必須になりますが、節電のためには20度設定で、やはりサーキュレーターを回して暖房効率を上げたり、足の冷えを抑えるために靴下の二重履きやウォームビズで過ごすのがおすすめです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 8.9℃ 9.7℃ 13.4℃ 19.9℃ 24.6℃ 27.8℃ 31.5℃ 33.3℃ 28.8℃ 22.9℃ 17℃ 11.6℃
最低気温 1.2℃ 1.4℃ 4℃ 9℃ 14℃ 18.8℃ 23.2℃ 24.3℃ 20.3℃ 13.6℃ 7.8℃ 3.2℃
平均気温 4.6℃ 5.1℃ 8.4℃ 14.2℃ 19℃ 23℃ 26.8℃ 28.2℃ 24.1℃ 17.8℃ 12.1℃ 7℃
降水量(mm) 50.3 68.3 113.3 115.7 160.8 214 220.4 132.1 176.2 120.9 71.3 48
降雪量(cm) 5 8 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4
平均降水日数 6.3日 7.3日 10.3日 9.3日 10.2日 11.4日 11.6日 7.6日 9.6日 7.8日 6.4日 6.3日
平均降雪日数 10.9日 10.5日 4.5日 0.3日 0日 0日 0日 0日 0日 0日 0.1日 3.6日
湿度 66 65 62 59 62 67 70 66 68 68 68 68
平均日照時間 123.2時間 117.4時間 146.8時間 175.4時間 180.9時間 138.3時間 142.3時間 182.7時間 136.8時間 157.4時間 138.1時間 135.8時間

月別エアコン電気料金の推移

京都市の気候は夏は蒸し暑く、冬は寒さが厳しく底冷えがする盆地特有の気候が特徴です。
盆地特有の気候は、夏の暑さを気温以上に暑く感じさせます。
ほぼ無風状態で湿度が高く、むしむしとしており、梅雨が明けた7月の後半から8月中旬くらいまで熱帯夜や真夏日に悩まされ、9月まで残暑が残ります。
鴨川岸や洛北など標高の高い地域ではやや涼やかさも得られますが、その他の地域の暑さは県外から訪れる人などには特に驚かれます。

こうした気候と地域による体感温度の差を利用して、夏場は鴨川や洛北における川床料理という川の上に床を置いて食事をするという、伝統的な納涼行事が受け継がれており、京都の夏の風物詩となっています。
こうした気候の特性は月別電気料金にも如実に表れています。
京都で最も過ごしやすいのは桜が美しい春や、観光客で賑わう秋の紅葉シーズンです。
この時期は月別電気料金は全国平均を下回っています。
ですが、8月と9月は全国平均を上回り、底冷えのする1月から3月にかけても大きく全国平均を上回っています。

激安のエアコン移設工事業者を探す方法

エアコン移設工事の料金は施工業者により異なります。
激安料金でエアコンの移設工事を行いたい場合には、複数の工事業者の見積もりを集めて料金を比較することで最安値の業者を見つけることができます。

<最安値のエアコン移設業者を探す方法>

最安値のエアコン移設業者を探す方法

この見積もり方法を行うには、工事を希望している地域に対応した施工業者を探した後に1社ずつ電話で見積もりの依頼をする必要があります。
1社の見積もりに15分以上かかるとしたら4社から見積もりを取るには少なくとも1時間必要となります。

当サイトはエアコンの移設工事にかかる費用を複数の施工業者に対して一度に見積もりを依頼する事ができます。
依頼した工事の見積もりの料金は当サイトに集められ最安値の施工業者をお客様にご案内いたします。
一括見積もりは24時間【無料】でご利用いただけます。安くエアコン移設工事をしたい方は是非ご利用下さい。

お電話でのお問い合わせ・ご注文も承っております

お問い合わせ
窓口

0120-929-381

受付時間 9:00~20:00 土日も休まず営業中!

Pocket