エアコンを自分で掃除をする方法

Pocket

エアコンを定期的に掃除しないと、ホコリや汚れがエアコンの内部に溜まり運転効率の低下を招きます。同じ設定温度のエアコンでも、掃除がされているか否かで消費する電力に違いが出てきます。エアコンの定期的なお手入れは、電気代の節電に大きく繋がります。ここではご自身でできる本格的な手入れの方法について説明いたします。

クリーニングのご依頼も弊社は承ります。お気軽にご相談ください。

※こちらで紹介しているエアコンのお手入れ方法施はについて実施はご自身の判断にて行っていただきますようお願いいたします。またその行為に関連して生じたあらゆる損害等について、弊社は一切責任を負えません。あらかじめご了承ください。

エアフィルターのお手入れについて

エアフィルターがホコリにまみれていると効率良く空気を吸い取ることができず、同じ設定温度にしても電気代が高くつきます。

エアフィルターはエアコンのカバーを開けてすぐのところにある網状のものです。日ごろから掃除機を利用し埃を吸い取る方法で掃除をされている方も多くみえるのではないでしょうか。日常の道具を使い効率的に埃を取り除く手順をご紹介いたします。

①養生

お部屋を汚さないよう、エアコン付近の家具家電には新聞紙やビニールシートをかぶせます。

②フィルターを取り外す前に、掃除機をかける

まずは軽く掃除機をかけ、エアフィルターを取り外した際にホコリが落ちてくることを防ぎます。数ヶ月手入れをしていないフィルターには、多量なほこりが溜まっています。

③外側から掃除機をかける

ホコリは外側(エアコンから取り外した際の手前側)に付着しています。ですから、外側から掃除機をかける必要があります。間違えて内側から掃除機をかけてしまうと、ホコリがエアフィルターの目に詰まることとなり、ホコリが取れにくくなってしまう弊害が生じます。

④水洗いは月に1、2回が目途

掃除機である程度ホコリを取り除くことはできますが、目に詰まったホコリは完全には取り除けません。ですから、月に1,2回の水洗いがおすすめです。水洗いの場合は掃除機とは逆に、エアフィルターの内側からシャワーを当てます。外側からシャワーを当てると目詰まりが発生します。

※使い捨て歯ブラシがおすすめ

水洗いの際に、使い捨て歯ブラシなどの柔らかいブラシを使用するとより綺麗にすることが可能です。フィルターの網目は繊細なため、タワシの仕様は故障の原因に繋がります。

水洗いだけでは落ちない、しつこい油汚れがある場合は台所用の中性洗剤を使用する手もあります。ただし研磨剤や漂白剤などは使用を控えましょう。

吹き出し口とルーバー

吹き出し口は、エアコンが冷暖した空気を部屋に送り込む際に最後に通るパーツを指します。
ここにホコリや汚れが付着していると部屋に汚れた空気を撒き散らしてしまうことになります。手の届く範囲だけでも定期的に掃除を行うと暖房効率の低下を防ぐことが可能です。

以下にその手順を説明いたします。
※手が届かない場合等はご無理をなさらず、専門業者にご依頼ください。

①プラグを抜く、もしくはブレーカーを落とす

安全のために必ず作業する前にエアコンのプラグを抜きます。プラグがない場合には、ブレーカーを落としてエアコンが起動しない状態での作業をお願いいたします。

またエアコンが取り付けられている高さでの作業となるため、足場の確保をしっかりと行いましょう。

②ルーバーを手で回して開く

ルーバーは、エアコンの吹き出し口にある風向板です。電源が入っていなくとも、手で開閉をすることが可能です。開けた状態にしていても、掃除後に電源を入れると元の位置に戻るためご安心ください。
※ルーバーが軽く動かしても回らない場合は、故障の原因となるため無理に作業しないようご注意ください。

③吹き出し口から中を拭く

ぬるま湯もしくは中性洗剤を薄めたものを染み込ませたタオルで内部の汚れをやさしく拭き取ります。奥に見える送風ファンは、ご自身お掃除することが難しいパーツとなります。
汚れが確認できる場合は専門の業者にご依頼ください。

クリーニングのすすめ

今回紹介いたしました手入れの仕方は、日常に行える範囲での方法となります。特にエアコン内部の送風ファンや熱交換器はご自身でのお掃除が難しいパーツとなります。専門業者にエアコンクリーニングをご依頼いただくことで内部の細かいパーツまで綺麗に掃除が行えます。

なお専門業者で行うクリーニングは一度エアコンを取り外すことが必要となるため、引越しや移設の際にエアコンクリーニングを行うことをおすすめ致します。

弊社でもクリーニングから工事のご依頼まで一括で承ります。ご要望の際はお気軽にお問い合わせください。
詳しくはエアコンクリーニングページをご覧ください。

激安のエアコン取り付け工事業者を探す方法

自分でエアコンを取り付けるのが心配な場合は、専門の工事業者へ依頼しましょう。
エアコン取り付け工事の料金は施工業者により異なります。
激安料金でエアコンの取付工事を行いたい場合には、複数の工事業者の見積もりを集めて料金を比較することで最安値の業者を見つけることができます。

<最安値のエアコン取り付け業者を探す方法>

最安値のエアコン取り付け業者の探す方法

この見積もり方法を行うには、工事を希望している地域に対応した施工業者を探した後に1社ずつ電話で見積もりの依頼をする必要があります。
1社の見積もりに15分以上かかるとしたら4社から見積もりを取るには少なくとも1時間必要となります。

当サイトはエアコンの取り付け工事にかかる費用を複数の施工業者に対して一度に見積もりを依頼する事ができます。
依頼した工事の見積もりの料金は当サイトに集められ最安値の施工業者をお客様にご案内いたします。
一括見積もりは24時間【無料】でご利用いただけます。安くエアコン取り付け工事をしたい方は是非ご利用下さい。

Pocket