熱媒:エアコン取り外し・取り付け工事用語集

Pocket

エアコン取り付け工事用語の解説

冷媒という言葉は良く耳にする言葉です。しかし熱媒は冷媒に比べると一般的には聞く機会は少ないものとなっています。しかし言葉の意味を考えれば熱のほうが用語として冷媒よりも広い意味を持っています。
熱媒の種類中の冷やすために用いるのが冷媒といえます。だから冷媒は熱媒の一つといえる理由はそこにあります。

家電における熱媒と冷媒要

しかし一般に家電などに用いられるときは冷蔵庫やエアコンなどに使われます。冷やすことが目的の機器も多く冷媒といわれるということではないでしょうか。

また熱媒でもよりも体とつけて呼ぶほうがより正しいといえます。どんな呼び方でも目的は変わりません、ただ冷やすことか温めることかのことだけです。

そして大きな目的は熱などを伝えることにあります。熱を運ぶために使用する物質のことを指し示す言葉なのです。また状態や種類には様々なものが存在します。
状態としては液体や気体が用いられます。どんな種類の物を使用するかは特徴に合わせていきます。

お役立ち情報

空調と熱媒体

現代の家づくりにおいてエアコンは必須の電化製品です。エアコンがなければ熱中症などにもなってしまうような温度が続く夏場において使用しないことは難しいといえます。

そうはいっても大量の電気を使用すれば電気代などが気になるので、見極めて選択していくことはこれからの快適な生活を過ごしていく上で、とても大切といえるのではないでしょうか。

仕組みを考えたときに大切なのは根本的なことです。どのようにして動いているかは節電を考えるときに必須の知識といえます。そこで大切なのが熱媒という用語です。

ヒートポンプの仕組み

このような機器に採用されている仕組みのことをヒートポンプといいます。熱媒は熱を伝えるものです。室内の熱をコンプレッサーと呼ばれるもので圧縮などをして熱を外に捨てることで室内の空気を冷たくします。
使用すると水がでてくるのは冷やされることによって飽和水蒸気量が下がるためです。だから夏の不快な湿度も下げてくれるのです。

Pocket