熱源方式:エアコン取り外し・取り付け工事用語集

Pocket

エアコン取り付け工事用語の解説

空調方式は、熱源方式(中央方式)と個別方式に大別されます。
個別方式が各空調ごとに温度調整、電源のオンオフの切り替え、風量調整などをおこなえるのに対して、熱源方式は大型のターボ冷凍機や吸収式冷温水機などを使用して大量の冷水・温水を作って各空気調和装置に送り、冷風・温風を作るため各空調ではそのような設定はできず、どこか一個の中枢で全て設定することになり、建物全体で空調を行います。

熱源方式と空調

個別方式は24時間いつでも使え、費用も使った分だけ電気代と合わせて請求されます。これに対して、熱源空調は契約時に使用時間を決めるので、基本的にはその時間外は使用できません。利用した場合には時間外料金が請求されます。
それぞれの特徴から、個別方式は一般家庭や雑居ビルなどの各空調で独立したほうが便利な建物に設置されることが多く、熱源方式は事務所ビルなどの一括して空調を利用するような建物に設置されることが多いです。

お役立ち情報

熱源方式で空調のエネルギー効率を考える

空調における熱源方式という用語は、基本的にビルなどの建設の際に使われます。熱源方式はその特徴からビルなどに設置されることが多いからです。

しかし、熱源方式のエアコンを一般家庭で利用するメリットは十分にあります。熱源方式は家の中全体を空調するため、部屋と廊下の温度差がありません。トイレにいってもリビングにいても自分の部屋で寝ていても同じ室温の下で快適に生活することができます。

住宅設計と熱源方式のコストバランス

また、新しく家を作るときに、自分で家づくりを行うにしろ大工さんに建ててもらうにしろ、大きい吹き抜けのある開放感抜群の理想的な家を作ることができます。特に自分で家を設計して作るような人にとって、エアコンによる空気の出入りを考慮しなくていいということは自由な設計を可能にします。
しかし大きい室外機と室内機を必要とするため、個別方式のエアコンよりも設置に費用がかかるので、自らの居住生活について熟考してから選ぶことをお勧めします。

Pocket