二方弁:エアコン取り外し・取り付け工事用語集

Pocket

エアコン取り付け工事用語の解説

二方弁というのは、流体関連機器の用語です。水などの液体や気体を流す際に、配管の途中に入れて流れの量を調整したり、止めたりするのに使います。
配管との接続が入口側と出口側がそれぞれ一つずつ、足して二で二方弁です。三方弁というのもあります。これはふつう入口側が一つで、出口側が二つあるものです。

二方弁装置の役割

二方弁の一番簡単な例は、水道の蛇口です。弁は普通は配管の途中に入っているのですが、水道の場合は、出口側がそのまま解放されているので、ある意味特殊な使い方です。

ほかには、家の中で見かけるのはプロパンガスなど配管に使われている例があります。旅行などで、家を長く留守にする場合や、地震の際には元栓を閉めましょう、ということがよく言われると思いますが、あの元栓がそうです。元栓は水道と違って、量の調整はなくて止めるか出すかです。
これは、元栓の用途が安全のためであって、水道のように流量を調整するためではないからです。同じ二方弁という名前ではありますが、このように弁の種類でいろいろな個所に、それぞれの用途で使われています。

お役立ち情報

二方弁の用途

さてこの二方弁、前述のように流体関連機器の用語だと説明しました。そして家づくりに関していうと、蛇口やガスの元栓などで使われているともお話ししました。ではこれ以外にこの二方弁が使われているところはないでしょうか。
実は、これ以外にも結構たくさんの場所で使われています。ただ、たいていの場合それは機械の中だったり、家の奥の配管だったりして目に見えないところで使われているので気が付かない事が多いようです。

機械で使われる二方弁の場合、弁が電磁弁といわれる形で、止める、流すなどの流体の流れを電気的に制御できる形になっているものがおおく使われています。このようなものは、エアコンはじめ洗濯機、冷蔵庫、お風呂の湯沸しなど、水やその他の液体、気体を使っているほとんどすべての機械の内部で、多かれ少なかれ使われていると考えよいと思います。

以上のようにこの二方弁、名前はなんだか昔風でいかめしい感じですが、実は働き者で、私たちの生活を見えないところで支えてくれているのです。

室外機の取り外し

二方弁を目にする機会は室外機の取り外しをするときにあります。室外機側面のカバーを外すと出てくるバルブ部分、圧力測定のサービスポートのついていないものが二方弁です。
冷媒回収作業(ポンプダウン)などを自力で行う人は関わることになる部品なので、覚えておいても損はありません。

Pocket