オーバーロック加工:エアコン取り外し・取り付け工事用語集

Pocket

エアコン取り付け工事用語の解説

オーバーロック加工とは、カーペットをカットした際に縁がほつれるのを防ぐために、縁をオーバーロックミシンで重ね縫いして、ほつれないようにする加工を行うことを指して表現するインテリア・建築業界で使われる用語です。また、「サージング」と呼ばれることもあります。

カーペットへの利用

カーペットの縁のほつれを防ぐために行われるものですが、その他に行われる「テープ加工」や「広巾テープ加工」などと比べて、オーバーロック加工は縁を縫い上げるため繊維の色に違いがないため、すっきりと美しく見せる効果があります。

オーバーロック糸は、カーペットに使用している同じ系統の色を使うのが一般的ですが、カーペットのベースカラーと異なる色を選ぶとカラフルでおしゃれな演出ができます。オーバーロック加工をすることにより、カーペットの耐久性が増しますし、デザイン性もアップすると考えられています。オーバーロック加工が適していると言われているのはラグマットです。

お役立ち情報

カーペットの使用で上手く室温を保つ

オーバーロック加工というのは建築・インテリア用語でもあり、不動産用語でもあります。あまりなじみのない言葉かもしれませんが、家づくりを考えている方にはちょっとおさえておいてほしい用語だと思います。
床に敷かれるカーペットやラグはお部屋のイメージを大きく左右するものです。

また、カーペットはフローリングや畳に比べて空気を含む量が多いために体感温度としては暑く感じるものです。クーラーなどの体感温度もフローリングよりはすこし暑めに感じてしまいがちです。しかし、オーバーロック加工の製品であれば、カーペットの周囲の糸のほつれも感じられないので、それだけ空気の流れを邪魔するものもないので、通常のカーペットよりは涼しく感じられます。

カーペットはペットによる傷を防げる、ペット自体の足や腰を守ってくれる、防音効果がある、お年寄りの足腰の負担を軽減し歩きやすい、転倒してもけがをしにくいなどの長所がたくさんあります。若者を中心に敬遠されがちなカーペットですが、見直してみてはいいかがですか。

Pocket