追加工事:エアコン取り外し・取り付け工事用語集

Pocket

エアコン取り付け工事用語の解説

追加工事とは、工事を始める段階で計画されていなかった工事のことです。一般的に住宅を建築したり、リフォームを行ったりする場合には予め工事の内容を施主に説明し、見積もりを作成して施主の同意を得て工事を着工しますが、施主の希望により着工前に計画の変更を行ったり、追加の設備を設置したりすることで工事の項目が増えてしまう場合には追加工事として別途見積もりを作成し取り扱われます。

基本工事と追加工事

また、工事を着工した後予期せぬ障害や不具合などが発生し、緊急に対処しなければいけない状況になった場合に於いても、この作業を行うために追加工事が発生する場合があります。両者の意味合いは全く異なるものですが、当初の工事内容に対して追加で工事が発生するため、見積書上においては工事費用の追加として表現されるものです。
その為、建築における用語の上では当初計画されている工事を基本工事と呼ぶのに対し、これらを追加工事と定義して明確に区別しています。

お役立ち情報

空調工事が追加される頻度は高め

追加工事は家づくりに於ける工事に於いても頻繁に目にする用語です。例えばエアコンの設置工事なども家づくりの現場に於いては追加工事として扱われることも多いものです。
通常の場合、家自体を建築したり、壁紙を張ったりといった家の基本的な構造に関わる部分は基本工事として当初の見積もりに含まれているものですが、エアコンなど本来の家の機能にはない、施主の要望により行う工事に関しては追加工事として取り扱われることが多いものです。

その理由は、基本工事の費用は一般的に家の形状によりほぼ決まってきてしまい、個別に見積る場合に於いてもその違いを明確にすることは非常に難しいこと、また出来るだけ建築費用を安く見せるためにも基本工事費用を一律で低価格にする必要があるからです。その上でエアコンなど施主の好みで取り付けが発生する物は追加工事として個別に見積もり、施主の要望により発生した工事で有ることを明確にするという意図があるのです。

取り外し工事の追加料金の発生とは

取り付け工事でも同様ですが、「ただ撤去するだけ」だと思われがちなエアコンの取り外しにおいても、追加の料金発生は起こり得ます。
具体的には

  • 壁面取り外し
  • 屋根置取り外し
  • 天吊り取り外し
  • 二段置取り外し

…など、現状の設置場所によって左右されることがあるということです。これは作業箇所の難易度と比例すると考えられますが、当初予定していた依頼金額よりも高い請求をされた場合、こういった作業が追加で含まれている可能性があります。
後からクレームにしてもおそらく揉めてしまうので、取り外し工事の場合でもきちんと見積もりの理解をすることと、経過のチェックを行うようにしたほうが良いですね。

Pocket