エアコンから水漏れが起こる原因と対処方法

Pocket

取り付けたエアコンから水漏れしている家

エアコンを使用しているうちに、風の吹き出し口から水が飛んでくる、といったような水漏れを経験したことはありませんか。
突然、エアコンから水が出てくるのですから驚きますよね。
そんな時は、あわてずに落ちついて原因を調べてみましょう。
原因がわかれば水漏れに対処することができます。
今回は、エアコンの水漏れの原因とその対処法について見ていきます。

エアコンの水漏れが起きる原因

エアコン取付での水漏れの原因

エアコンの室内機から水が漏れる原因は、大きく分けて3つです。

  1. ドレンホース関連の不具合
  2. エアコン内部のトラブル
  3. その他

対処法としては、自分で掃除を行ったり、エアコンの清掃業者に掃除を頼んだりする方法が挙げられます。
エアコンの状態によっては、エアコンの修理が必要となる場合もあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

ドレンホースに原因があるときの対処法

エアコン取付での水漏れ原因に対処する人

ドレンホースとは、エアコン内部で発生した排水を外に排出するための管のことです。
このドレンホースに、エアコン内部のホコリや外からゴミが入り込むと、中で詰まってしまい、排水が逆流して室内に水漏れを引き起こします。

ドレンホースの詰まりが原因で起こる水漏れの特徴は、排水が大量であることです。

エアコン室内機の水漏れの多くは、ドレンホースが原因といわれているので、ドレンホースをきれいにすれば、エアコンの大方の水漏れは解決することになります。

それでは、ドレンホースの状態別に対応方法を見ていきましょう。

ドレンホースの詰まり

一口にドレンホースの詰まり、といってもパターンがあります。
こちらでは、ドレンホースの状態別に詰まりの解決法についてご紹介します。

ドレンホースの口が水に漬かっている場合
ドレンホースの口が水に使っている場合は、ホースの口の位置を変えるなどして、水からドレンホースの口を出します。そうすることで、水漏れを止めることができます。
ドレンホースの口が枯葉や虫の屍骸で埋まっている場合
ドレンホースの口にごみが溜まっている場合は、まず目視で状態を確認してください。確認後、割り箸など細い棒を用いて、中のごみを掻き出しましょう。そうすることで、ごみで塞がれていたホースがきれいになり、スムーズに排水されます。

ドレンホースのたるみ・劣化

ドレンホースのごみを取り除いても水漏れがする場合は、ドレンホースのたるみや劣化が原因となっている場合も考えられます。

ドレンホースのたるみが原因の場合
ドレンホースのたるみ部分に水が溜まって、排水が流れていない状態です。その水が逆流して、室内への水漏れを引き起こしています。この状態のドレンホースを自分で直すのは難しいので、エアコンの取付業者、もしくは修理業者に連絡のうえ対処してもらいましょう。
ドレンホースの劣化が原因の場合
ドレンホースの劣化も順調な排水を妨げます。エアコン修理業者やメーカーに相談してください。

下記の記事には、ドレンホースについて詳しく書かれていますのでご覧下さい。
▼関連記事
エアコンのドレンホースの延長とは?

また、ドレンホースはAmazonでも販売されています。興味のある方はこちらも参考にしてください。

エアコンの内部に原因があるときの対処法

エアコン取付後に行うの水漏れ工事の道具

ドレンホースからきちんと排水されているにも関わらず、エアコンから水漏れしている、そんな時は、エアコン室内機の内部のトラブルが原因と考えられます。
具体的には次の3つです。

  1. フィンが結露している
  2. ドレンパンが汚れている
  3. 部品の故障している

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

フィンが結露している

フィンとは、エアコン内で空気の温度を変える役割をしている部分で、エアコンのフィルターの奥にあります。

フィンは、通常の使用でも結露が発生しますが、冷えすぎると結露が大量に発生します。
そうなると、ドレンホースだけでは排水が間に合わず、室内へ水滴として漏れ出てきてしまうことがあります。
このような状態のエアコンは、結露を取り除いてドレンホースから排水ができるようにしなくてはなりません。
そのために、フィンとフィルターの掃除をおこないます。

フィンをきれいにする

下記の手順でエアコンのフィンをきれいに掃除します。

<用意するもの>

  1. 掃除機
  2. フィン用クリーナー

<フィンの掃除の手順>

  1. エアコンカバーとフィルターを取り外す
  2. 掃除機で軽くフィン全体のほこりを吸う
  3. フィンにエアコンクリーナーを吹き付ける
  4. 約10分そのままにしておく
  5. 先に取り外したエアコンカバーとフィルターを取り付ける

フィンにほこりが溜まっている場合も結露が生じますので、しっかりお手入れしましょう。

フィルターを掃除する

フィンがきれいであるにもかかわらず、水漏れが発生する場合は、フィルターが汚れている可能性があります。

フィルターが汚れていると冷房の効きが悪くなります。
汚れに気がつかずに、エアコンの設定温度を下げると、結露が大量発生してしまいます。
このような場合は、フィルターを掃除します。

<用意するもの>

  1. 掃除機
  2. 脚立

<フィルターの掃除の手順>

  1. エアコンからフィルターを取り外して掃除機でホコリを吸い、水洗いする
  2. きれいに乾かしてエアコンに取り付ける

ドレンパンの汚れを落とす

ドレンパンとは、フィンで発生した結露などの水分が集められる部分です。
エアコン内で発生した水は一旦そこに溜まり、ドレンホースを通って外に排出されます。

しかし、このドレンパンが汚れていると、溜まった水がドレンホースから外にうまく排出されず、水漏れが発生してしまいます。

ドレンパンの清掃を自分で行うのは困難です。
基本的に、エアコンクリーニングの業者へ対応を依頼することになります。
プロの業者の手でドレンパンを分解し、きれいに掃除してもらいます。

部品の故障

フィン、フィルター、ドレンパン、これらすべてがきれいであるにもかかわらず水漏れを起こしている場合は、エアコン内部の故障が原因として考えられます。

例えば、ドレンパンが故障すると、水分を一旦溜める役割が機能せず、水漏れを引き起こします。

エアコン部品の故障が原因の水漏れは、自分では解決できません。
メーカーやエアコン業者に相談しましょう。

その他に原因があるときの対処法

取り付けたエアコンの水漏れ原因を調べる

今まで見てきた以外にも、エアコンの水漏れの原因があります。
あまり多くは見受けられない例ですが、それらの対処法をご紹介します。

エアコン(室内機)が傾いている
きちんと取り付けられていない室内機は傾いています。特に、エアコンの吹き出し口が通常より下に傾いていると、水漏れが発生します。フィンの結露で発生した水滴がドレンパンにうまく溜まらず、室内に水が漏れ出てくるためです。
雨水の浸入
雨が降ると水漏れが発生するという場合、家屋の「雨漏り」が原因となっている可能性があります。家屋規模での雨水の侵入は、自力で解決するのは難しいです。
室外機が室内機よりも上に設置されている
室外機が室内機よりも上に設置されているお宅では、配管テープが劣化すると、その隙間から雨水が侵入して配管を伝い、室内に水漏れを起こす場合があります。この場合の対処としては、雨水が入らないようテープを配管の下側から巻き、断熱材で保護する方法が挙げられます。ただし、配管に不要な力が加わると、ガス漏れを引き起こす原因となるので、専門の業者へ相談することをお勧めします。
ガスが不足している
エアコンの冷媒ガスが不足しているために、室内機の熱交換器(アルミフィン)部分に霜が付着する場合があります。その付着した霜が溶け出し、室内機からの水漏れの原因となるケースです。確認方法としては、エアコンを運転し、しばらくしてから室内機のフィルターを外します。霜が付着していたら、ガス不足の可能性があります。

こちらでご紹介したような状態のエアコンは、一般の方が対応するには限界があります。
エアコンの施工業者や建築の業者へ相談することをお勧めします。
必要であれば、エアコンの修理やガス補充といった対応をしてもらってください。

エアコンクリーニング業者に依頼する

エアコン取付後の水漏れ原因の特定を依頼

「ドレンホースを触るのに抵抗がある」「難しそう」、と感じた場合は無理をせず、プロの力を借りましょう。
ドレンホースは、エアコンクリーニングの専門業者に清掃を依頼して、きれいにしてもらうことができます。

業者の方に依頼する際は、エアコンがどのような状態で、どのような対応をしてほしいのか、はっきり伝えましょう。
予約をした際、「ドレンホースが詰まっているみたいなので、対応してもらえますか」と付け加えると、業者はある程度の状態のめどがつくので、現場に到着してからの対応がスムーズに進みます。

また、エアコンの水漏れは、普段の使用方法が原因となる場合もあります。

例えば、やみくもにエアコンを低温で長時間使用すると、結露が大量発生します。
エアコンは酷使せず、必要に応じた使い方をしましょう。

今までお話した水漏れの原因に併せて、普段どのようにエアコンを使っているか、一度見直してみてください。

まとめ

ひとくちにエアコンの水漏れ、といってもさまざまな原因がありましたね。
自己対応できる原因もありましたが、自分では難しいと思ったら無理をせず、専門業者へ相談しましょう。

また、エアコンの適度な使用は水漏れ防止にもつながります。
エアコンは低温で長時間稼動させるのではなく、生活に合った使用を心がけましょう。

エアコンサポートセンターでは、施工実績の豊富なエアコン取り付け業者をご紹介しています。
エアコンのことで気になることがある、というご質問もお受けしています。
ご相談は無料です。
お気軽にお電話ください。

お電話でのお問い合わせ・ご注文も承っております

お問い合わせ
窓口

0120-929-381

受付時間 9:00~20:00 土日も休まず営業中!

Pocket